プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

お酒と音楽が大好きです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

ラーメン富士丸 西新井大師店

前に一回行ったときに、横の人が頼んでいた「豚」が食べてみたかったので行ってみました。

旧ラーメン二郎赤羽店の支店ということで二郎流です。

詳しくは↓
http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/3433/

ということで、ラーメン豚野菜にんにくマシでお願いしました。


来ました。

でかい。

スープをこぼさないようにもやしから食べ始めます。
なんとかもやしを制圧し麺をスープの中からすくいあげます。
楕円形のリングィーネみたいな麺です。
やや硬い系。
この作業を続けているとだんだん右手の親指の付け根が痛くなってきます。
でたまにチャーシューっていうか豚肉の塊。
凄い。
食らいつきます。
味は意外にというかなんというか単調なので八合目位で少し食べ飽きます。
なんとかかんとか頑張って完食。
甘さよりやり遂げた感のほうが強いのは何故?

「ラーメン二郎」中毒者をジロリアンというそうですが、彼らに言わせると「(ラーメン)二郎」はラーメンでなく「二郎」という食べ物という話が全てを物語っているような気がしました。

しかし寒風吹きすさぶ中行列にならぶのは辛かった・・・。

日清の蒙古タンメン中本

思わずセブンイレブンで勝っちゃいました。

日清食品 蒙古タンメン中本 のカップ麺。


ちょっと暗いけど・・・。

「蒙古タンメン中本」さんは、板橋が本店の激辛タンメンチェーン。

唐辛子のカプサイシンに反応の良いボクが食べると、まさに毛根からナイアガラの滝のごとく汗が流れ落ちます。
NO バスタオル NO 中本 です。
ドアを開けた瞬間から店内を浮遊しているであろう唐辛子で涙目です。
カレー屋さんとちがってスパイスの香りのしない辛さだけの香りです。

お店では蒙古タンメンをたのむんですが、必ず途中で避難したくなりライスを頼んでしまうんですが、それがまた麻婆丼なので逃げ場の無いまま辛さにいたぶられます。

でもその辛さの奥に旨味が・・・・。

・・・「M」かも・・・。

http://www.sej.co.jp/corp/news/2008/pdf/111801.pdf
セブンイレブン限定品みたいです・・・。

2008年11月26日 (水)

BAR ストラトス

〆はおなじみ「BARストラトス」さんです!

銀座八丁目の信濃屋さんの向かいの雑居ビルの2Fです。

ミニカー多過ぎです。下手したら酒瓶<ミニカーです。

でもお酒はうまいよ~。
ここともう1軒くらいしか呑めない生ビール「VEDETT」。
なめらかな泡立ちに酵母の香り漂うビールです。

朝9時までやってるので通勤前にどうぞ!


金井さんです!(掲載許諾済み)

http://www.ginza-panorama.com/stratos/index.html

立呑処 へそ 新橋店

で「へそ」さんです。

ここも満員でした。

関西風の串揚げ専門店。二度漬け禁止です。
しかし安いね~。

「晩酌セット」(=ドリンク1杯&串揚げ5本)¥700!!
安さ爆発です!!

揚げたての揚げ物とビールって最高!

東京都港区新橋2-8-2 TMビル1F
03-3508-0466
月ー金16:00-22;45(LO)
土12:00-20:45(LO)
日祝休

ビストロウオキン

続いて同じグループの「ビストロウオキン」さんです。

最初にお断りしますが、凄い遠くに感じます。
「貸切専門 40」も真っ青です。(※うちの店です。)

しかも雨がポツポツ。

なのに満席。

ではなく表のワインダルが1個。

赤ワイン2杯とおつまみ(ポテトとベーコンのソテー)と傘2本をオーダー。


※掲載許諾済み


しかしここも混んでるね~。

新橋は魚金さんグループ一人勝ちです!

http://r.gnavi.co.jp/g075602/

魚金ゆりかもめ

かねてから行ってみたかった新橋の超繁盛店「魚金」さんの立ち飲み店「魚金ゆりかもめ」さん。

17:30に入店したんですが、残り1席(1区画?)でした。
同行者はこの店の常連らしく、17:30までに入店しないと入れない事を知っていたみたいでした。
しかし凄い。
狭い店内にお客さんがすし詰め。ギッチリ。

そんな中お客さんは皆満足そうにこの店を楽しんでいるんです。

同行者がくるまでに、まずはビールと塩辛。


一杯目のビールはすぐになくなり日本酒のひやおろしへチェンジ!
鶴齢の生原酒を1合。
「ウマい!塩辛とあう~。」

そこへ同行者到着。
名物のお刺身3店盛り¥1,190を追加!


m(_ _)m少し首を傾けてご覧下さい。

生牡蠣2個、あじ1尾、コハダ6枚、平貝1個5スライス、カンパチ肉厚5切、ヅケマグロ5切
????3品多い???
嬉しい誤算です。
しかし凄い。こんなおいしいお刺身の実質6品盛りが¥1,190!

参りました。こりゃはやるわ~。
その後もカキフライとかカラスミとかたのんで日本酒祭りでしめました。

2人で¥5,500。安っ!

http://r.gnavi.co.jp/g376506/

2008年11月24日 (月)

日清のラーメン屋さん みそ

家にいる時は自炊をするのです。当然。

仕事柄外食が多いのでできるだけ野菜をとるんです。必然。

で、よくつくるのがインスタントラーメンに野菜炒めのトッピング。
ラーメンは「日清のラーメン屋さん」シリーズ。
野菜は冷蔵庫の不良在庫。

まず野菜を切る。
火が通りにくい物は薄く、そうでないものはザックリ。
で、お湯を沸かす。
空いたコンロで鍋を熱して油を引き火の通りにくい野菜から投入。
お湯が沸いてきたらラーメンを投入。
野菜がいたまってきたら火を緩めるか止める。
ラーメンの粉末スープを入れて最後の1分を煮る。
で火を止めて、「こぼさないように注意して麺だけ丼に入れる」。
で、残ったスープを軽く煮立たせて橋で掻き混ぜて渦潮状にしておいて別にといておいた卵を少しづつかき混ぜながら投入。
で、麺の上からかける。
野菜のフライパンに火をつけ強火で炒めながら鍋はだから醤油をまわしがけ。
麺の上に野菜炒めをトッピングして、白ごまとかいわれを更にのっけて別添の七味をかけて完成。

スープをかき玉にするだけでややリッチな感じになりますよ~。


よりすぎてなんだかわからん・・・。

ちょっと休憩

このブログなんですが、結構書きづらいんです。

同業者なんで、悪口は避けたいんですよね~。
でもそんなにいく店いく店全部が気に入る訳も無く、書き方に気を使ってしまいます。

個人的に「味」にしろ「ムード」にしろ十人十色だと思いますが、こういったWEBにのっかるとややパワーを帯びてしまうのか独りでに権力をもちそうで怖いです。

なので、読んでいただいている皆さんもそこんところを割り引いてご覧下さい。

あくまで一個人の好き嫌いですから・・・。

餃子の王将

我が愛すべき「餃子の王将(西日暮里店)」さんに行ってきました。

関西出身の私のソウル・フードです。
大げさかもしれませんが、それぐらい愛してやまないんです。

餃子の値段は¥231になってしまったけれど、あの味は体にしみ込んでるんです。
関西ではマクドナルドさん並みにいっぱいありましたが、さすがに関東はまだまだアウェイなので探さないと見つかりません。でも探していっちゃいます。次に引っ越す時は「王将」さんの近所に・・・。

「王将」さんへの愛情はソレくらいにしておいて・・・。

店の混み具合や焼き手の技量によって大きくコンディションのずれる時がある「餃子」。
この日は100点満点でした。
厚くも薄くもなく硬くも柔らかくもない皮につつまれたにんにくたっぷりの餃子。
にんにくぬきなどという腰砕けではありません。
サイコーなんです!

これと生ビールのマリアージュ。

トレヴィアーン。

酢豚、かに玉、ホイコ等その他のメニューも充実。

当然再見です。


半分くらい食べてしまいました・・・・。

http://www.ohsho.co.jp/index.html

2008年11月23日 (日)

マルゴー2

で最後に「マルゴー2」さんです。

ガラス張りで薄暗い店内はおしゃれ系というか正統派のワインバーです。
満員です。ギッシリ。

スタッフのお姉さんに選んでもらった
チリの赤(カベルネ)
アメリカの赤(シラー)
チーズ盛り合わせ(ロックフォール、パルミジャーノ、デリス・ド・ブルゴーニュ)
で¥3,000。

他店調査ですがゆったりとした時間が流れます。至福の一時。

カウンターの端っこの厨房前に席をもらったんですが、高速で動くシェフの技に感激です。
とにかく早い!調理器具がうちの店より少なくって2口のオーブン付きコンロのみ!
勿論(揚げ物が無いとか)メニューはそれにあわせてくんでありますが、それでも凄い。
千手観音です。

目黒のSHINさんもそうですが、メニューの組み立てって大事ですね~。
お客さんに不満を感じさせずに、店側にとっても提供し易いようにする。
勉強になります!


チーズ盛り

http://www.bar-052.com/pc/

貸切&パーティー 40 のサービス一覧

貸切&パーティー 40