プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

お酒と音楽が大好きです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年2月 | メイン | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

そうだ京都いこう!

そんなわけで行ってきました。

「京都」銀閣寺ますたにラーメン御徒町店。

懐かしい~。

我が母校は京都なんですが、在学時には行った事ありませんでした。
なんせ日々勉学に励んでいましたから。

なんてねぇ~。

京都時代は「天下一品」専門です。
あの丼を傾けてもスープ(というかゲル状の半液体)でお馴染みの。

で「ますたに」さんを知ったのは上京してからの事で、確か2000年頃でした。
会社員だったマスターは先輩に連れられて初めて「ますたに」さんののれんをくぐりました。
今はコレドがある場所にある日本橋店です。

鶏ガラスープに豚の背脂。
麺は細ストレート。
という何だか斬新な組み合わせ。
で、ピリ辛。

結構好きな感じです。

半ライスをサービスしてえくれるので、それとスープを同時に口にいれると「ラーメン茶漬け」みたいな感じの味です。そんなメニューが存在するか否かは別として。

で、先日久しぶりに食べたくなって御徒町店さんに寄らせていただきました。


ラーメン+半熟たまご ¥800

懐かしい・・・。

背脂って旨いですよね。
ちなみに、味覚は五味(旨味、甘味、塩味、苦味、酸味)から成り立っているそうですが、それはこの五つの味を舌で感じると脳に電気信号が起きるからだそうです。そして脂を食べるとやはり同じような電気信号が起きるという事で、脂の味が六番目の味覚になるかもしれないという話を読んだ事があります。(ちなみに「辛味」は痛覚だそうです。)

それはさておき、完食でした。
やや醤油辛いのがコクを上回っているかもしれないんですけど、無料の半ライスがあるので丁度いい感じです。

ちなみに、年度末の金曜日の終電前ってこともあり、結構混んでました。

不況に負けるな!オー!

2009年3月23日 (月)

原宿スィーツ・ツアー

マスター、42歳。
原宿に行ってきました。
その為か天気は大荒れ。
強風とたたきつけられる雨の中、行ってきました。

でも、一人で行く勇気がなかったので、知り合いの若者達4人に一緒に行ってもらいました。
目的は原宿のローティーン向けスィーツの調査です。

三連休の最終日ってこともあり、凄い人です。
JR原宿駅の竹下口から見下ろす竹下通りは年末のアメ横状態です。
カニもサケも売ってませんが・・・。

しかも、その人達はあきらかにローティーンの女の子ばっかり。
不思議な街です。
ある意味テーマパーク。
外国の観光客が多いのも頷けます。
かくいう自分も外人目線です。

で、調査なんですが、これが意外や意外。
原宿には、いえ竹下通りにはイメージに反してスィーツのお店が少ないって事なんです。

連日マスコミに取り上げられる「スイーツ・パラダイス」さんは行列だし、マリオンクレープも行列です。
でもお店の数は少ないんです。
思った以上に。いや、思った以下に。

その少ないお店を調査です。
マスターは甘いもんが苦手(じゃスィーツ調査なんかするなよ!)なんですが、そこは高い職業意識でもって同行のヤング達に丸投げです。


まずは「ばくだん本舗」さんで売られている、ビーズ状のアイス。
やや食感があって直ぐには溶けないそうです。
フレーバーは4種類。¥380也。


続いて「マジックアイス」さんのアイス。
マイナス30度の鉄板の上でアイスとフルーツを練って混ぜるアイスです。
ちょっと前に流行った「コールドストーン」さんみたいな感じです。
あちらは「大理石」で、こちらは極冷の鉄板・・・。
これも¥380也。

でも、この「マジックアイス」さんの横の「パールレディー」さんが行列。
ローティーンの女の子の大行列。
????。
結構どこにでもあるのに・・・。
何故?

で、この2店の上の階にある「スィーツ・パラダイス」さんへ。
行列です。予想通り。
70分間スィーツとパスタ食べ放題で¥1,480。小学生以下¥は840。
巧い値付けです。
近所のパスタだけ食べ放題¥1,000の店は行列出来ていませんでした。

で、ローティーンの女の子達のカラフルな服装が少なくなってきたなぁと思うと、明治通りです。
この編でハイティーンに人口が入れ替わるのが面白いです。

で、明治通りを渡って外苑西通り方面へ。


菓頬さんの「いきなり団子」¥157。
これが今日一で人気でした。少しプルプルした餅っぽい生地の中に小豆餡とさつまいもを入れて蒸し上げた和系のちょっとなつかスィーツです。

これでもう店はおしまい。
少ないですよね。

で、裏原のカフェで休憩して、明治通りを渋谷へ移動して、サムギョプサルで打ちあげました。
「とんちゃん渋谷店」さん。

ジュー。

ジュジュジュー。

〆はキムチチャーハン。トッピングに(って混ぜちゃうんですけど)玉子とチーズ。
旨い~。

で、その後はメンバーのお誘いで渋谷のホテル街にある名曲喫茶「ライオン」さんで優雅な一時を。

私語厳禁。写メ厳禁。熟睡容認。

強風にあおられながら帰路を急いだのでありました。

2009年3月11日 (水)

錦糸町に行ってみた。

昨日は元得意先の先輩と「ひさしぶりのさしののみ」でした。
平仮名で書くとわかりづらい・・・「久しぶりのサシの飲み」でした。

まずは楽天地の裏の辺の「三四郎」さんです。
うなぎのくりから焼きがたべれる大衆居酒屋さんです。
たくさんお客さんがいます。皆さんほどほどのトーンで盛り上がっています。
感じのいいお店です。
上司が若い女子事務員さんなんかを連れてきてるグループとか、カウンターでつまみながら新聞読んでる人がいたりと配役バッチリです。


定番のポテサラ&煮込み・・・ほのぼの系です。

で場所を変えて「海鮮居酒屋○MARU」さんです。

燃料を日本酒に変えてヒートアップです!

ここも人気ありました。
ひっきりなしにお客さんが入ってきます。
おじさん連中というより男性が女性を連れてくる居酒屋さんって感じです。
スタッフさんの対応もいい感じです。

で、なんと「ぐるなびタッチ~2000円プレゼント」に当たってしまいました!!!
先輩と相談した結果2000円分多めに飲む事にしましたhappy01

山菜の天ぷら

たこです。

ひとしきり盛り上がった後、解散です。

サンダー・ゲイト

浅草を経由してチャリで家路を急ぎました。

暴風にあおられながら。

2009年3月10日 (火)

2538と書いて煮込み屋@北千住

北千住のイタリアン「ラ・シェンナ」さんのグループの新店に行ってきました。

スタンディング・バーだそうです。

外から見ると赤と黒で怪しげな遊郭のようなムード・・・。
少し入りづらい・・・かも。寒さのせいかドアも半開きだし・・・。

勇気を振り絞って突入!

晩酌セットっぽいのをオーダー。

生ビール+煮込み+串揚げ2本=¥1,000・・・場所柄安くはないかな・・・。



こんな感じ。

月曜日に20:00頃ってこともあり少し空いてました・・・。

店員さん達も手持ち無沙汰そうでした。

昔の当店を思い出します。あの頃は寂しかった・・・。

で、お味なんですが、洋風に仕上げた和風立ち飲みのメニューって感じです。
煮込みは赤ワインベースかな?
写真にはありませんがキャベツ&みそのみそもそうなんですが、やや甘い系の味付けです。

ちょっとひねりすぎちゃったのかも・・・そんな感じがしました。

店作りって塩梅が難しくって、やりすぎるとお客さんはこないし、やらなさ過ぎてもお客さんはこないという・・・。

ただ真逆の要素を同居させるのは非常に難しいのは間違いない@長井秀和。

例えば「洋」と「和」や「立ち飲み」と「ボックス席」とか。

イメージが湧かないんですかね?

私も日々思案中です。

2009年3月 9日 (月)

PCを買った帰りにお茶の水で。

昨日に引き続き再度秋葉原のヨドバシへ。

今日は買えました。ミニノートPC。これでモバイルできます。ずっと家の机に張り付いていなくて良いのかと思うと・・・(T T)

さて帰りは神田明神下を経由してお茶の水から帰ってきました。

お茶の水近辺でお昼だったので何か食べる事にしました。

聖口の改札前で新店のビラを配っていたのでそこに行ってみる事に。

「豚野郎」さんです。

炭火であぶった豚肉をたっぷりとご飯にのせてくれます。
豚が200gでご飯が400g。これが中豚丼で¥680だそうです。
牛丼とかを考えると少し割高かなと思ったりもしますが、一枚づつ炭火で炙ってくれてるのを考えると妥当なところかと・・・みそ汁ついてるといいかも。

味はおいしいです。
もう少し濃くてもいいかも。ご飯が多いですからね。

新店の昼らしく、店内はパニクってました。

わかります。大変ですよね。

駅前でビラ配りしてるヒトが正式なサブなんだと思いますが、彼のいないアナを女性のバイトさん二人で補ってました。
慣れてないせいもあってそんなに複雑なオペレーションじゃないと思いますが、オーナーさんから怒られてました。
可哀想に・・・。お客の自分も怒られてるみたいでした。
気持ちはわかるんですが、のんびりやって下さいね。
味はいいんだし。
多分カウンター側に丼置き場をつくるのと、お冷や用のグラスを多めに客席に出すだけでもかなり楽になりますよ。
あと最後にかけるタレは温めておけるといいかも・・・。

がんばれ「豚野郎」!

なんて思いながら二年前の自分を思い出したりしながら店を後にしました。

くしゃみ4連発しながら・・・・つらい季節です。

後輩の送別会で渋谷で。

音楽関係の知り合いの後輩が旭川に帰ることになりました。
音大を出た25歳の女性です。

音大って入るのが難しいだけでなく、卒業後にその方面に就職するのも大変だそうです。

でも、もったいな・・・そういった実力を持ったヒトが地元に帰って才能とは別の人生を歩んでしまうなんて・・・。

でも送別会は湿っぽい感じを見せずに盛り上がりました。

場所は渋谷。
日にちは3月1日。(偶然にも珍獣ハンターイモトが私たちの待ち合わせのすぐそばでロケしてたみたいです。遭遇しませんでしたが・・・。)

道玄坂をあがっていき、ストリップ劇場の筋を入って、ホテル街へ。

入っていく手前のビルの2階。
看板もなく当たりは真っ暗です。
六本木芋洗坂の人気串焼店「ジョウモン」さんの渋谷店です。できたてほやほやです。

できたてのお店は気持ちいいですね。
オープン直後のオペレーションの手際の悪さとかも慣れてきていい感じです。

幹事さんのチョイスで「もつ鍋コース」です。

まずは前菜三種盛り。

で、ほうれん草のサラダ 温玉入りソース ・・・これがそそるんです~。

そして主役のもつ鍋イビー。白みそ入りで濃厚です。旨い。

この後〆とデザートに移るんですが、〆までは覚えてるんですが、デザートがなんだったかが・・・。

しかも、二次会にいったんですが、そこで何を飲み食いしたのか・・・。

年をとるとはこういうことなのか・・・。

久しぶりに上野で。

大変ご無沙汰しております。

先日、ミニノートPCを購入すべく秋葉原のヨドバシに愛車でGOしてきました。

夕闇の迫る中、ペダルを踏む事30分。

週末の人ごみでごったがえすヨドバシの中へ。

以前から品定めをして決めていたモノのところへ行き、担当さんにお願いしていざ契約。

電話でイー・モバイルのお姉さんから教えてもらった書類を取り出して契約作業が始まりました。

「契約完了迄2時間くらいかかります」と担当さん。

(ゲ!そんなに?・・・横のベローチェで時間潰すか・・・伊坂幸太郎持ってきたら良かったなぁ・・・)などと考えていたところ、

「ではここに代表印を・・・」

(あれ?「代表印」?・・・「銀行印」しか無い・・・。)


「・・・お手数ですが再度ご来店いただいて・・・・」

そんなわけで何の結果も残せずまたペダルをこいで家に向かいだしました。

なんか収まりが悪いので上野で他店調査です。いままでのはマエフリです。はい。

まずは「スタンディングコーナー」さん。

いわゆる洋風立ち飲みです。

日曜の夜というのに広くはない店内に結構お客さんがいました。

カウンターの中には同年代ぐらいの男女がいらっしゃったのでご夫婦でやられているのかもしれません。
カウンターのとなりには少し年下の男性がくだをまいていました。

ビール(¥370)とマカロニサラダ(¥380)を頂きました。
スタンダードな感じです。

ミニビールでした・・・。

マカロニサラダって原価ベースで考えると20円くらいなんですが、¥380でもゆるせるのが飲食の不思議です。

そんな事を考えながら店を出ました。

で、更にすすむとそこのラーメン店「B」が。
いつもは行列必死なんですが、なんとダレも並んでいなかったので食べてみる事にしました。

豚骨魚介系というやつです。
味玉入りで¥850。麺は250Gだそうです。

申し訳ない・・・。ボクにはあいません。

豚骨が薄い。で、おそらく化学調味料で補っているのか、口元がベトベトします。
魚介出汁も薄い。
でも手打ち風の角の麺(リングィーネみたいな食感)なので、スープとからみません。
強めの麺だけを食べているような感じです。
チャーシューは角煮がゴロリとのっているんですが、小さく切っていないからかぶりつくしかないのです。でもカウンターにはティッシュがない・・・。

きれいな店内に気持ちの良い接客は好感が持てるんですが・・・。デートで来ているペアも多い中女の子は食べづらいだろうな・・・。

あと、麺の湯切りの時のかけ声はパフォーマンスとしてはあ威勢があっていいんだろうけど、少し恥ずかしい・・・。
(一人が)「おいやー」(みんなで)「おい!おい!おい!」ってパンクのライブみたいでした・・・。


帰って寝よ。

【貸切専門】40 のサービス一覧

【貸切専門】40